「大寒(だいかん)」は、「二十四節気」の一つで第24番目にあたる。

現在広まっている定気法では太陽黄経が300度のときで1月20日頃。 「大寒」の日付は、近年では1月20日または1月21日であり、年によって異なる。


2024年(令和6年)は1月20日(土)である。 「大寒」の一つ前の節気は「小寒」(1月5日頃)、一つ後の節気は「立春」(2月4日頃)。


「大寒」には期間としての意味もあり、この日から、次の節気の「立春」前日までである。西洋占星術では「大寒」が宝瓶宮(ほうへいきゅう:みずがめ座)の始まりとなる。 

「小寒」から「立春」前日の「節分」までの約30日間を「寒(かん)」や「寒中」「寒の内」と呼び、「大寒」はその真ん中にあたり一年で最も寒い時期である。

この頃に各地で一年の最低気温が記録されることが多い。2023年(令和5年)12月時点で、「日本最低気温の日」は1月25日となっている。




「大寒」前に家内安全や無病息災を祈る“寒行托鉢”始まる 愛媛
…二十四節気のひとつ「大寒」を前に、愛媛県新居浜市内の寺では、冬の風物詩、寒行托鉢が始まりました。 新居浜市山根町の曹洞宗瑞応寺では、およそ100年前…
(出典:あいテレビ)


ぼく、シマエナガ。
@daily_simaenaga

《今日は何の日?》1月20日は『シマエナガの日』 北海道に分布する野鳥『シマエナガ』は、真っ白な体につぶらな瞳で“雪の妖精”とも呼ばれ、体重は7グラムほどしかない。寒いほど羽の中に空気を入れて膨らむことから、1年で最も寒い日とされる大寒が『シマエナガの日』として制定された。 pic.twitter.com/bof4dwfGhn

(出典 @daily_simaenaga)

瀬戸・アドミラリの天秤
@setokunfandesu

返信先:@CHOYAofficial おはうめ〜🟢🌈✨✨✨。 大寒❗️ 寒いですね🥶💦。 ホット梅酒に生姜、 試してみます❣️✨✨✨。 今日も穏やかな一日になりますように🍀✨。

(出典 @setokunfandesu)